ブラインドでお部屋の光を演出しよう!

リビングで活躍するブラインド

いろいろな素材や機能のあるブラインドは、設置したい部屋のことを考えるとより選びやすくなります。例えば家族みんなが集まり、来客をおもてなしする場としても活躍するリビングは操作性がよいものがおすすめです。センターレースがあるタイプを選べば外の視線も気にすることなく、リビングで過ごせますよ。
腰高窓といった別のサイズの窓がリビングにあるなら、共通の柄があるブラインドを選ぶと部屋に統一感を出すことが可能です。たて型のブラインドならスタイリッシュなリビングになり、よこ型なら床面や家具と調和させやすくなるのが特徴なんですよ。光を調節するだけでなく、部屋の雰囲気を左右するインテリアでもあるのがブラインドです。

寝室にぴったりなブラインド

寝室にブラインドを使ってなるべく室内を暗くしたいならば、スラットの密閉度が高いタイプを選びましょう。光の漏れを防ぐことができ、ガイドレールも取り付ければ窓とブラインドの隙間も減らすことができます。
また、金属でできているスラットを選べば室内に入ってくる熱も防いで、夏場の日差しをさえぎれるので省エネを目指せるんです。特殊な塗料をコーディングしている紫外線を跳ね返すタイプも販売されています。冬場も断熱材の働きをするため、暖かい空気を室内から逃さないんです。
さらに、ブラインドと一緒にカーテンなども利用すると光をより調整しやすくなります。自宅の寝室にどんなタイプを取り付ければいいか、まずは考えてみましょう。